FC2ブログ
一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
ビデオカメラ選びのポイント
仕事柄ビデオカメラはどれを買えばいい?質問をうけるのでここで少し解説いたします。
ビデオカメラの基本はみな共通で記録媒体(フォーマット)が違うのです。
現在主流のフォーマットは
1) DV
2) DVD
3) HDD
4) HDV

となります。
どう違うのかというとDVはいわゆるDVテープ、一番ポピュラーで大きな情報を記録
できます。1コマづつ圧縮をかけるので、編集にもむくし、きれい。特に3CCDモデル
というものが高画質。ビデオでの何百万画素なんていうのは、デジカメ機能のことでビデオの画質関係ありません。400万画素で1CCDより100万画素3CCDのほうがきれいなのです。
 DVDのいいところはなんといっても自宅のプレイヤーで再生できること、DVではデッキが普及していないので、カメラをつなぐしかない。しかし、画質はいまいち。MPEG圧縮によって4コマくらいをまたいでおおざっぱに圧縮するし、小さいディスクなので、容量も厳しい。
 HDDこれはメディアレスで撮れてPCとの親和性ですかね、詳しくはわかりませんが
プロの世界でも使いますし、圧縮率が低いとかなり画質もいけるはずです。
 最後のHDVこれは話題の民生用ハイビジョン規格です。とにかく画質はキレイです。
現行DVの4.5倍の画素数をもつだけあって細かい!大型テレビで見る場合、さらに強い。
 ただ、編集がしにくかったり、エラーの恐怖があるのですが、今後は大きく発展しそうです。
 個人的にお勧めはDV規格ですね。テープはコンビニで買えるし、安いし、それでいて
大きな情報が収録できるから画質もいける。
 ですが、使う用途に合わせてふさわしいものが一番です。

匠屋・店長
スポンサーサイト



地上波デジタル放送移行期
 久しぶりにテレビの話です。
今月に入り、ワンセグ放送も始まり、いよいよデジタル放送が迫っているといえるでしょう。家電店をみるとこれでもかと高価格、高画質のすごいテレビ達が鎮座しております。
 今日はデジタル移行時期で気になることがあるので、少しマニアックな見解を。
現行放送(SDといいます)は画面サイズが横:縦=4:3地上波デジタル放送(HDといいます)は16:9となっています。現在のテレビは基本的にHD(16:9サイズ)で制作されています。
 現行放送に流す際はダウンコンバートという変換を行いますが、その際、本来横長であるデジタル放送から現行放送に変換する際、画面左右を切り落とすわけですね。
 ここで困るのが、カメラマンが切り取るフレーム。どちらにも使えるようにということなのでしょうが、見ている側は不自然なフレームに戸惑う。SD放送での人間二人がいる2ショットが2人の肩ギリギリで非常にせせこましい。おそらくHDなら丁度いいのでしょうが、SDを見ている自分は不自然に思う。逆にHDで人物一人のとき、妙に左右に空きがあるときもある。これは逆にSD(4:3)で丁度よかったりする。
 どっちがいいかというと、左右切れていると思うとやはりHDが得なのかなと思う。
知り合いの撮影監督がテレビドラマ撮る際、16:9と4:3の中間くらいのフレームできるような指示を受けるらしいが、カメラマンにとって切るフレームはひとつだということらしい。
また、HDがすべて優れているかというと、そうでもなくHDはMPEG圧縮により
激しい動きでノイズがでてしまう。野球中継で激しいカメラの動きのノイズや大観衆のごちゃごちゃした映像をみたら、これまたノイズ!大丈夫なのだろうか地上波デジタル。
 大きい画面は確かに美しいが、小さい画面だと高精細のメリットがなく圧縮の弊害をくらいあまりよくない。しかし、まだまだ地上波デジタルテレビ高いなあ。
 将来は昔のテレビは画質悪く縦長だったねえという風に思い出すのでしょうが・・・
 匠屋・店長
恋がかなうコスメ!?
 匠屋の商品はどれも気になるものばかりだが、C・A PROJECTさんの
happy*blendが気になっている。
今匠屋でプレゼント企画もやっているので、見た方もいらっしゃるかもしれませんね。

 以前CA(女性)の方がこのコスメは「恋がかなう魔法のコスメなのよ」とおっしゃっていて(これはうちうちの話でしたが・・)、男の自分としては失礼ながら正直バカバカしい話と思っていました。科学的根拠はないし、なんか女性誌のうかれた見出しみたいだし、あれだけ良質原料なら、そんなこといわなくてもいいのにと思っていたのです。
 と・こ・ろ・が、自分の周りでも少ないユーザーのうち最低3人「恋がかなった」「もてるようになった」という話を聞いて、これはおかしいというかすごい。
 という事で、少し検証してみたくなった。
この話はHBさんの商品PRではありません、「恋がかなう」なんて広告の表記では薬事法違反より性質が悪いと思うので、公式にそんな事は言われていません。
 自分が「恋がかないたい」というより、自然派コスメが人体にあたえる好作用と他人に対する外見の変化、内面の変化に興味がある。少し試してみたくなった。ちなみに男性の購入者も実は多いらしい。
 これを使ったからといって女性が劇的にキレイになる事はないんだと思う。それより、高級デパートの1階で5万円ほどかけてアドバイザーの勧めるままにメークしてもらった方がパッと見キレイかも・・・
 HBの謎はそんなところではない。生産履歴がはっきりした自然の原料は実に自然に体の中に入っていき、それを使うことで内面からナチュラルでポジティブになっていくのだと思う。
 男は概して自然な女性が好きなのかも・・。男性の好む女性の体形と女性の望む体形はズレるらしい。つまり女性はかなり細くなりたく、男性は、実は少し太いくらいがいいという。
(自分も正直、痩せすぎの人にはまーったく魅力を感じないのです)
 これは「男はほとんどマザコン」の理屈からくるのかとおもいきや、自然な女性に惹かれているのだと思う、作り物の女性はいつか男も気づく、男の趣味は多種多様だが、大半は不健康な女性を嫌い、厚化粧を嫌い、喫煙を嫌う(自分が吸ってるくせにいう男勝手だよね)それは自然でないからだろう。
 人それぞれなのに勝手な見解だが、逆に女性の多くは、ボディビルの体系やガリガリで不健康な人よりも自然な肉体の男性が好きだと思う。
 話はそれたが、HBのもつ力って単純な美肌、加齢対策、紫外線対策だけでなく、体がもとめる自然を注入することで、考えも前向きになる。そこで、異性と距離を近づけるのではと思う。
 これを使ったから「恋がかなう」なんていうのは大げさだけど、恋に近づけるのは確かかも・・・
 もし、匠屋でHB購入の方で「恋がかなった」もしくはそれに近い変化があったという方、匠屋INFOまでご連絡ください。
 もし、この確率が高くなればすごいかも!!

  匠屋・店長

shop_hb01.jpg

りんご作りの匠
青森のリンゴジュースのお話

九州出身の自分にとってりんごは珍しいもので、リンゴジュースはいわゆるフツーの大量流通しているジュースが基本だった。
 最近、本場のおいしいリンゴジュースに夢中です。
朝の一杯、飲んだ後の酔い覚まし、なんともいえない、風味とのどごしと味わい。今回はまっているのが弘前農園さんのこだわりジュースです
 IMG_1650.jpg

 こだわりのポイントは濃縮還元を使わない、落下したりんごでない生食用を使う、リンゴ栽培は有機農法に取り組むなど、徹底した最高の栽培環境で行うなどがあるらしい。
 まず、濃縮還元だが、我々が普通に飲んでいる果実ジュースはほとんど濃縮還元だ。大量の果実ジュースを圧縮して出荷するとき戻す。この技術によって季節に関係なく安定供給できるし、海外の豊富な果実を大量に輸入できる。しかし、果実をミキサーで作ったあの味はでない。
よく100%ジュースといいながらいまいちおいしくなく後味がわるいものがあるが、それが「濃縮還元」
 また、普通のリンゴジュースは熟して落ちたリンゴを使うらしい。
逆に生食用リンゴは落下リンゴの10倍くらいのコストらしい。
 どうりで、弘前農園のジュースは圧倒的なうまさなのだ。ものすごく手間がかかったジュースなんですねえ。
 
IMG_1652.jpg


 このジュースきれいな色していますが、よく見ると沈殿物があります。果実の絞りかすで問題はまったくないのですが、これが本物の証なんですね。 
 こんなリンゴジュースお中元なんかにに使われてはいかがでしょうか?いつも大手メーカーのジュースやビール詰め合わせを送っていませんか?これもらったら貰った人びっくりしますよ、「なんだこのジュース!!」
 実際、自分が送ったらそんな反応ありました。

匠屋・店長
甘味の匠
先日の講談を見たかえり、やたらのどが渇き、どこか茶店に入ろうかと思ったが、場所が上野広小路。コーヒーでは芸がない。そこで惹かれるのが、日本古来の和の茶店である。飛び込んだのが「福助」
060401_1648~01.jpg

週末ということもあり、店内は混雑してました。
メニューはあんみつやおしるこや雑煮など和の甘味全開!
無性に和菓子や和の甘味を食べたくなるのは僕だけでしょうか?
これは男性、女性関係ないですね
おしるこいただきました。うまいですね、なんていうか、昔から変わらない製法なんでしょうね、御餅が適度に焼かれて、なんともいえない風味や食感をうみだし、付け合せの昆布少々とお茶が最高のバランスです
060401_1628~01.jpg

 またおいしい店のレポート載せます。引き続き読んでいただけると幸いです
       匠屋香月
1点のこだわり「こぎんの名刺入れ」
 以前紹介した持ち物の1点豪華主義、前回は印鑑入れを紹介しましたが、今回はこぎんの「名刺入れ」を紹介します。
 いやー以前から狙っていたんですよ。お取寄せしました。弘前こぎん研究所さんで。匠屋店長といえどももちろん自腹、春のキャンペーンで安かったもので、まさにタイミングよしでした。
20060412163124.jpg

 こぎん・・・はまってますね、このデザインともった質感がいいです
今回のポイントは「名刺入れ」というところで、まず、抜群に目立つ事ですね、商談などの名刺交換した時、相手との話が弾みます。
それと今まで使っていた名刺入れは入れるところひとつでした。
 皆さん、名刺入れは自分の名刺をいれていますよね。相手からいただいた名刺ってどうしてます?なんかしまうビジネス作法があるんでしょうね、自分はわかりません。収めるところが二つあればいいのに・・・
 今回のこぎん名刺、2つ入れなんです!これが欲しかった!!

CA330022.jpg


価格は、キャンペーン中なので1890円。これは高いけど安いといえます

 送られてきた商品によくだきたパンフレットがありました
まだまだ「こぎん」は奥が深そうだ。
あと、気になるのが、こぎんのちゃんちゃんこ
団塊世代の退職と言われている。つまり、還暦迎える人が大量にいる訳だ。赤いちゃんちゃんこ着てお祝いするわけですね。(あ、自分の父親も還暦間近だ・・)
 このちゃんちゃんこ高い!ですね。しかし、逆に気になります。
105000円の価値は必ずあると思う。自分には買えないが、このちゃんちゃんこを着て還暦迎えるいかしたオヤジさんたちもいるのかなあと思う

   匠屋店長・香月達行
和芸の匠
最近はまっている「講談」についてお話します
講談はあまり知られていない和芸です。少し説明しますと
(寄席演芸の一。座して、前に置いた釈台を張り扇などで打ちながら軍談・仇討ち・金襖物・侠客伝・世話物などを、調子をつけて読む話芸。)はてなダイアリーより抜粋
 元々はとある侍が上京した際、金稼ぎのため、庶民に「平家物語」
を話聞かせた事から始まるそうです。その後、江戸を中心に各街の中に
講釈(講談)をする人がいたそうです。今で言う、映画館や劇場みたいなものですね。
 ちなみに講談協会元会長一龍斎貞水さんは人間国宝ですし、先日会長になられた六代目宝井馬琴さん(おめでとうございます)は芸術選奨文部大臣賞
や紫綬褒章等を受賞され文化的評価は非常に高い芸なのです
 そして、現代の講談、最初は自分なんかの若造にはわからない眠いものと思っていたら、これがまた面白い。固い軍記物も現代風にたとえたり、わかりやすい語りが入り込んだり、なかなかバラエティー豊かです
 今回の見た講談は上野の本牧亭という日本料理屋さんのお座敷で行われました。講談って面白いのが、お客さん。なんていっていいのかよく言えば「粋」、悪く言えば「ぐだぐだ感」、大体座敷みたいなところで、座椅子なんかでだらーと見る人が多く、ほとんどが中高年の「旦那さん」前記のとおり、芸術文化的評価は高いけど、興行規模は極めて小さく、お客さんはのんびり(関係者の皆様ごめんナサイ)歌舞伎などのお客さんのような緊張感はなく、囃子もなく、まさにのんびり
 さて、今回見れたのが、神田春陽(祝二つ目昇進)、宝井琴梅、神田すみれ、そして宝井馬琴の面々、実は女流の講談師さんて初めて見たのですが、神田すみれの「曲馬団の女」これは良かったですねえ。
戦後の上野で戦争で息子を失ったお母さんとその香典を盗みに入った曲馬団の女との人情話、これがまあ泥臭く、あったかく、いい話。もちろん、神田すみれさんが、女性とお母さんとその息子まですべてを演じて
てる訳だからすごい!
 宝井馬琴さんの「太平記」もまた最高、新田義貞の最後にまつわる江戸時代の話。軍記ものの本筋と柔らかい解説と絶妙であっという間でした!
 現在、マイナーだけどすごい「講談」またレポートします
   匠屋・香月





060401_1437~01.jpg

死にいたる食事「ゆとりもち」
 子供の頃は常識だと思っていた、もちすすり(湯とりもち)がかなりエキサイティングでデンジャラスで変である事が、東京にきてわかってきた。話す人みんな驚かれ笑われるのだ。マスコミが取上げてくれたから全国的に知名度があるからいいが、それがなかったら「ネタ」でしょとなるかもしれない。
 はなわではないが僕の故郷佐賀県は江戸時代から他藩にないヘンテコ伝説が多い。(徳川幕府中、鎖国の中の鎖国をやっていたせいらしい)話題の小説「佐賀のがばいばあちゃん」ではその辺はリアルだ。はなわの歌も一部を除き真実が多い。
僕の子供時代昭和50年代でも驚くべきネタがあるので、はなわさんや島田洋七さんとはちがったネタをだしていきたい。
 さて、「ゆとりもち」は佐賀県白石町という僕の故郷で行われるもちの食べ方だ。つきたてのもちをお湯に浸して、ながーく伸ばしてかまずにすする単純な食べ方。
 名人は2升分のもちを一気に食うというから人間技でない。
まず、これは危険です。地元農業まつりでは当然「ゆどいもち(地元言葉でこういう)大会」がある。そこには業務用掃除機が常備してあった。もちろん詰まらせた人のもちを吸い込むためだ。
 家族でもちをついているときばあちゃんが平気でこういう
「だいじゃいこの前ゆどいばしよってしにんしゃったたいねえ」
「(訳)だれか、この前、ゆとりもちしてた人が死んじゃたねえ」
そう、ゆとりもちで結構人が死んでいた。
そもそも「ゆとりもち」の起源は2つ説があって
1)戦国時代、合戦に望む際、食事時間を短くするために始まった
  つまりファースト・フードですね
2)戦国時代「敵を飲みこむ」の縁起から始った

1)については、もちをつく手間考えたら、嘘やろと思うし、ファースト・フードといっても早すぎて、危険だよ。軍勢の中何人かが合戦の前に窒息死しているに違いない!しかも肥前の国ってあまり武勇伝きかないし・・個人的な解釈としては2)が妥当かなと

 さて、自分が子供時代、あまりおやつとかなく、お菓子も食えない頃
(みんながそうではなかったようだが)もちつきになるとあんこ餅、きな粉餅、あまい醤油だれの餅が沢山あってうれしかったのだ。
 当時はまだ釜戸炊きでもち米を炊いて蒸して、(ちなみに餅米の釜戸炊きご飯めちゃくちゃうまいですよ!)もちをつくのは機械で沢山のもちが出来上がる。その作業の主爺さんについて、自分はその過程を楽しんでいた。そして、第一弾がつきあがる。一つ目は鏡餅、そして楽しみにしていたあんこ餅を食べられるとまっていたら爺さんがまってたとばかりに「ゆとりもち」を始める。これが楽しみであとの餅はただの作業なのだ。そして自分に勧める。幼い自分に「もちすすり」のテクニックはない「かむな、のめ、のめ」と鬼教官よろしく檄をとばす。
 ゆとり餅ってあたまに醤油だれをつけるだけで、あとは味がしなくておいしくはないのよ。それでおなかいっぱいになって楽しみの餡子餅が食えない、いつもそう・・子供の頃苦手だった「ゆとりもち」
 全国でやっているものと思ってた。ちなみに「ゆとりもち」の名誉のためにいっておくが、実は餅がつまって死ぬ率は低いらしい。というのはいわゆるもちすすりでなく普通にお雑煮の餅で詰まらせる人は昔から多く、この完璧なフードファイター「もちすすり」の名人は滅多に死なない(らしい)

以上、店長の食の原点のひとつ紹介でした。長文へのお付き合いありがとうございました

    匠屋店長
1点のこだわり「こぎんの印鑑入れ」
店長です。持ち物にはあまり高級品はありませんが、比較的いいものは何故か国産品が多いです。眼鏡はひたすら「泰八郎謹製」手作りセルロイドフレームは理由はわからないけど、惹かれるんですねえ、なんでも福井県の山本泰八郎さんという方がひたすら作り続けるもので、これこそ匠ですね!
見かけは地味なんでオシャレとはいわれないけど、超音波洗浄するため眼鏡屋さんにはいるとたまに「あ、泰八郎ですね、いいですねえ」といってくれるのがうれしい。さすが眼鏡のプロ
060331_1740~01.jpg

 自分は一応会社の代表でもあります。印鑑はとても重要です。印鑑は外に持ち歩く時気を使います。
 そんな僕がこだわっているのが判子入れ、こぎんでできているのです。
こぎんとは青森県の伝統工芸品で、とにかく刺しが美しい。幾何学模様が多いんだけど、江戸時代からとはいえ、現代でも充分オシャレなのね
 IMG_1591.jpg

次はこぎんの名刺入れを買おうと思っている。こういう小物にインパクト与えて、他所では絶対手に入らない逸品というのはこだわりたい。
 このこぎんはなかなか通販してないので、青森に買いに行くか、弘前こぎん研究所で手に入れるかですね

IMG_1592.jpg

      匠屋・店長 
ご無沙汰しています。匠屋店長・香月です。
新年度を向かえ、「匠屋」および「匠屋」ブログも大幅リニューアルとなります。引き続きよろしくお願いします。
 匠屋と連動していたラジオ番組「匠のリクエスト」3月31日で放送終了いたしました。最終回はなんと匠屋宣伝部広報課主任「斎藤丈夫」が長万部支店に栄転という驚きの最後を迎えました。
 しかしながら、1年間ベルト番組をやっていましたので、感無量です。
本当いろんな事がありました。1週間5回、全国各地のことです。正直つらい事は多かったです。しかしながら、匠の皆さんの暖かい心はいい思い出としていつまでも残るでしょう・・・
 最初は「匠」と聞くと、無口であまりしゃべらない(高倉健風?)人達かと思いきや、ほぼ皆さん、話好き、インタビュー枠は3分なのによくしゃべる方たちばかり!
 とある匠が言ってました。よくしゃべるのは自分に信念があってよく考えてものを作っているからだ。考えてない人はあまりしゃべる事がない。そうですね。確かに・・
 また、匠の皆さんは人にも優しく、えらい社長さんでも笑顔で迎えてくれました。こちらが知らない事もいろいろ教えていただいたなあ
 各FM局の皆さんにも感謝いたします

さて、これから店長日記は仕切りなおして、再スタートです
これからはマメに更新していきます!(の気持ちでおります・・)
 生まれ変わった匠屋に乞うご期待!

               匠屋・店長

copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.