FC2ブログ
一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
店長の「男ダイエット」その2
まず、結果からお伝えします。2日たって1.4kg減の82.4kg。すごいです!恐るべし山内式ダイエット!!ちなみにこの間ハードなトレーニングもなく、飲みにも行き、焼肉も食べました。
 ダイエット志望の人には「もったいぶらずに早く方法を書け」といわれそうですが、
自分なりにいろいろ考えたので、そこから読んで欲しいのです。
 山内式ダイエットは簡単にいうと、炭水化物絶ちのメソッド。山内式といいながら、そのまま行うのはいけないと思うのです。山内式は一日一食、それは自分には無理。
 山内式の理論をベースに自分なりの方法を加えているのです。
炭水化物絶ちは非常に強烈。いわゆる穀物は噛んで唾液にまざり、体内で糖分に変わります。これを自分は間接糖と呼びます。これに対し、ケーキ、和菓子、コーヒーに入れるシュガーは直接糖と読んでいます。(当然医学用語にはありません)

 これら糖分は野生動物には存在しないものです。人類が狩猟民族から農耕民族に代わった時点でこの米や麦といった「間接糖」を摂取し、体内にエネルギーをためることができました。
 そして、我々現代人は生まれたときから、直接糖と間接糖は抜いた事はないはずです。また抜く必要はありません。
 ところが、自分みたいに30代前半で自然の摂理から外れた現代人はダイエットする必要があり、一度、狩猟民族(野生動物)に帰れば自然の動物のように贅肉が落とせる・・・
 これが山内式ダイイエットの概要です。(ちがってたらごめんなさい)ちなみにこれは男性向けのメソッドだと思うんですね。女性が実践するにはそうとう覚悟がいると思います。
 ちなみに匠屋のみくたはダイエット希望なのに「私には(米ぬきなんて)無理!!」と断言されました。
おなかいっぱいに食べられるし、お酒ものめるからいいとおもうのになあ・・・
 
  匠屋・店長 香月 体重82.4kg
スポンサーサイト



店長の「男ダイエット」
私店長は身長178cmで体重が83kg、大学生のころは68kgくらいだったので、実に15kg
膨張しています。運動をやめ、デスクワーク中心の仕事、食生活はかわらず、酒は増える。
年齢による基礎代謝の低下ってやつも大きいですね。 
 するってぇとどうなるかっていうと、見た目も丸いし、着ていた服が着られなくなる。
体が重くなる、そして、成人病併発の恐れ。
何度もダイエットを試みましたが、運動などよく三日坊主。なかなか続かない。
 そんな折、先日の大阪行きで、代理店のTさんと「山内式ダイエット」で盛り上がりまました。なんと彼は山内式で1週間8kgのダウンに成功と聞き、とても刺激を受けました。
「山内式ダイエット」自分も聞いてはいましたが、これがすごいんです。
 山内さんというのは有名な車のゲーム「グランツーリスモ」のプロデューサーで、
独自のダイエットメソッドで本業以外なのに口コミで話題になりました。
 もちろん、WEBで検索しても専用ページはないようです。今回もゲーム業界にいたTさんから直接聞いて手法を確立しました。
 その一部をお知らせします。要は低炭水化物ダイエットの一種ですが、焼肉OK,酒
もOK、お昼はケンタッキーフライドチキン「マイごちセット」どうぞ、たまにはケーキもどうぞ・・・という夢のダイエット。Tさんは焼肉行った後なのに体重が落ちたという。
 そんな強烈な山内式ダイエット、店長自ら実践しながら、その手法を公開しています。
以降、新コーナー店長の「男ダイエット」乞うご期待!!

 匠屋・店長 香月達行  体重83.8kg

食い倒れの街「大阪」へ行く
 仕事で大阪へ行きました。大阪は実に久しぶり、考える事は食べる事、「お好み」「たこ焼き」いろいろありますが、自分が昔食べた「串カツ」が気になっていた。
 行きの新幹線、お弁当を買う時間がなく、社内販売の駅弁を購入、正直駅弁っておいしいいものではない上に高いと思う。しかし、地域の特産物をつかった食材ならば、雰囲気だけでいいか!となりますね。車中は退屈だし、これは非常に楽しみになる。今回でてきたのが、これ
060526_0929~0001.jpg 060526_0930~0001.jpg


「21世紀出陣弁当」意味はよくわかりませんが、この竹篭みたいな箱はすごいですね。この駅弁は大人の駅弁コンクール1位になった有名な弁当で以前電車内でないふつうの仕出しとして食べた事あるけど、「そんなにうまいかな?」と正直思った。今回はうなぎ弁当とかの方がよかったな。
 さて、仕事も終わり、代理店の方と大阪・新世界です。「新橋をディープにしたような感じ」といわれたが、なるほどそうかもしれないけど、この世界観、味わいは別物。昭和の空気があり、なつかしいし、落ち着くし、いい街です。
060526_1529~0001.jpg 060526_1530~0001.jpg


新世界・ジャンジャン横丁にはこういった将棋屋さんやスマートボール屋さんがあって驚き。映画「王手」の世界そのままだ。
 そして本日のお店はやはり串カツ

060526_1907~0001.jpg 060526_1551~0001.jpg


なつかしの串カツ、「ソース2度付けあかんで」は健在、キャベツ食べ放題。このソースが少し甘くて、最高。実に庶民的な味で、マジでうまい!
ネタも豚、野菜、海産物、卵、からしレンコン、プチトマト、ササミなど様々、これが飽きない!自分はお酒も飲むし、お好み焼きよりこっちのほうでよかったな。
 変わらない味と人気、新世界では全体的に生き生きしてた。
また大阪行きたい、だって、今回は日帰りで新世界しかいってないのだ、まだまだ多くの見所、食べ所があるのだから。自分にあっている街なんだと思う。昔両親が大阪に住んでいて、こちらの文化に影響をうけていたせいなのか、すんだ事もないこの街がなつかしくてしょうがない。
通天閣最高!

060526_1926~0001.jpg


匠屋・店長 香月
久しぶりのB級グルメ(銀座でみつけた昭和の空間)
 お酒を飲みにいくとき、オシャレな所、そこそこ高い店、自分は幅広く受け入れます。ただ、やはり、料理の素材がひどいところは避けたいところです。
 今回の紹介は有楽町(銀座)の某店、昔上京した頃は銀座はどこも高くて、まともに食事できないんだと思い込んでいた。実際、映画を見た帰り、恐れて、(安心できる)ケンタッキーフライドチキンに入った事がある。ところが、今は時代も代わっていろんなお店あるし、飲み屋さんは実に豊富、ガード下あたりはものすごい活況、ちなみに、コテコテの大衆的な飲み屋で、社会的階級関係なく、えらーい人もそうでない人もみんな同じって日本ならではで諸外国では珍しいらしいですね、外国では階層によって店も違うんだとか・・・・。
 こういう、小汚い(失礼だが)店は実はあたりが、多い。
060516_2028~0001.jpg 060516_2033~0001.jpg


この手の店って30年間材料と調理法が変わってなかったりする。はっきりいって、その辺のチェーン店居酒屋さんよりオーガニックだったりするんです!(これは店長ならではの持論なので反論あるかもしれませんが・・)
 しかも、この看板の価格みてください。東京以外の方なら銀座もこんな店あるんだと驚かれたのでは?
 もっといってしまうと、缶詰やお菓子をつまみにする「立ち飲みや」もあるくらいです。
 
 写真のメニューは酎ハイ(240円)と串揚げ(150円)たまには気楽に飲めて息抜き、いいですね。

匠屋・店長 香月
イナダを食す
お世話になっている釣り人の方に「イナダ」をいただきました!
イナダはいわゆる青物で、関東地方では小さい型からワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと呼ばれる出生魚ですね。
 醤油には自家製のゆずこしょう、以前も書きましたが、この風味と辛さは最高です。
060517_2313~0001.jpg
 
酒は黒甕焼酎、梅干はいしたのシソ巻きです。
 自分は焼酎飲むとき、水以外の割り方がすきじゃないんです。
烏龍茶わり、ジュース割り、コーラ割り、いろんなもので焼酎は割っていますが、苦手です。ロックが基本で、水で薄めるのが最低条件。
梅干入れるのを好む人もいますが、普通の梅干は着色料や保存料などの自然にない味がはいると焼酎の味を殺していると思うんです。(神経質かなあ)
ところが、このいしたの梅漬けは自然のままのシソと梅でいい酸味をだします。これは店長オリジナルです。みなさんもお勧めできますよ。
 肝心のイナダですが、ブリより脂少なくいけますよー、釣ったばかりのものをいただくなんてやっぱり贅沢ですよね。
 自分もこんなの釣ってみたい!

060517_2313~0002.jpg
匠屋・店長20060519170043.jpg

店長の料理
 男料理はおおざっぱな事が多い。店長のオムレツ盛り付けこんなんです。
060422_2039~0001.jpg

女性の皆さんからの「盛り付けきたない!」とダメだしが聞こえそうです。自分は確かに盛り付けがアバウトなんですね。味は褒められる事が多いんですけどね。
 さて、今回のポイントはケチャップとドレッシングです。オムレツとレタスは特にコメントありません、普通の家庭料理ですから・・・
 しかーし、このケチャップとドレッシングでかなり、凄腕のシェフの作った料理に近づくのです。
 このケチャップは小池手造り農産加工所さんのトマトケチャップですね。人気高いです。まとめて何十個も購入される方もいます。「すぐになくなるので大瓶ないですか」の問い合わせもあります。
 「どっちの料理ショー」でも紹介されましたが、人気が高まっています。
 「ケチャップ」って意外と気にしませんよね。大手の某商品やイタリアやブラジル輸入のものも普通に買えます。
 で、この小池さんのケチャップってすごい味かというと以外とあっさりしています。自然のトマトが自然にケチャップになっていて味付けも唐辛子程度、本当日本の野菜のうまみを凝縮しただけのもの、これが全国さがしても以外にないんですよね、これが人気の秘訣なんだと思う。
 さて、ドレッシングですが、これまた変わっているごま風味マヨネーズです。
 自然の厳選マヨネーズにごまとリンゴ酢を加えてあるもの、微妙な酢かげんが食欲を誘いかつ、サラダがさっぱりとします。
 代表小池さんの言葉「母として、子供たちに食べさせたいものを」
っていつ聞いても名言ですねえ

 匠屋・店長 香月
イベリコ豚と目黒区の大自然
 ちょっと御呼ばれで、バーベキューに行ってきました。
場所は駒場野公園というところへ
駒場東大前駅は何回か来た事はあったけど、こんな場所があったなんて!
060509_1612~0001.jpg 060509_1613~0001.jpg

都会のど真ん中なのに、森林の維持や水田、野鳥の保護、腐葉土作り、キノコ作りなど、自然を生み出す努力によって本当に癒される空間で驚きました。
 さて、今日は野外バーベキューということで、まあ、外で食べる楽しさの雰囲気が楽しめればってところで、あまり味に期待してなかったのだが・・・・
 現場につき、食材をみるとなんか様子がおかしい、お肉がこんな風に

060509_1247~0001.jpg

 参加者のひとりに某焼肉店を経営している人が来ていて、お店でだすような本格的カルビがお店秘伝のタレに浮いているわけです。
 早速食べてみると、夜の本格的焼肉店(チェーン店とは味がちがいますぜ)の味が昼の大自然で味わえる、これは妙な感覚、しかしうまい!
 中でも珍しいのが、話題の「イベリコ豚」


060509_1248~0001.jpg

 イベリコ豚はスペイン西部地方のみに生息する、イベリア種というスペイン原産の黒豚(或は純血度75%以上)です。通常の豚よりもゆっくり飼育し、野に放ち、ドングリ等を食べるかわいい豚さん達ですね。
 テレビで石坂浩二さんのでていた特集をみていたので、突然のイベリコ豚さんとの対面に感動!すでに輸出解禁になっていて日本にも結構入っているようですね、しかし、まだ貴重食材です。
 外国の肉って大味なものがおおいのですが、これはさすがに日本の高級黒豚といい勝負、赤身の濃厚さと脂の芳醇さはすばらしいの一言です。
 匠屋にはお肉屋さんがありませんが、実は匠の味が光るスペシャルな和牛のお店がオープン準備中です。やはり、肉は食の王様、これも楽しみ!

 匠屋・店長 香月
「モツ鍋」作り!2(力はいってます)
次回に続きモツ鍋です。ダシは普通に昆布カツオベースに基本的な和食風で作ります。最終的な仕上げで醤油か味噌かに別れます。この辺のダシは好みで、ただ、モツ鍋は味が強烈だけど、キチンと上品にダシをとらないと最後のシメの麺までいけてないモツ鍋になります。(いつもおおざっぱに勘で味付けするので、ここではかけません)
 ダシを仕込みながら、ザクザク野菜を切ります。
060504_1822~0001.jpg

 自分のこだわりはニラを多めに3束使用(1人1本検討)切り方は長めに4,5センチにカットします。長すぎるなという具合がいいですね。
ちなみに今回、野菜はスーパーでは買いませんでした。近所にある野菜の中卸の店で仕入れました。こういうところは冷蔵施設がないのでお昼すぎると野菜がしなびがちですが、それでも、春のキャベツ、ニラ本来の味を生かすためには、新鮮な野菜がある中卸がお勧めなんです。しかも安いんです。ニラ3本150円とか中卸なので3つ買ってというノリ。これも簡単にできるこだわり。そして、ダシ、薄切り生ニンニク、肉、キノコ類、モヤシ、キャベツ、と積み上げ、最後にニラをキレイに並べ、テッペンに薄切りニンニクをさらにのせ、前回紹介の秘伝の唐辛子を振り掛けます。こんな感じ
060504_1907~0001.jpg 
060504_1822~0002.jpg


そして、いよいよ再加熱。あっという間においしいモツ鍋が完成します。お味は?失敗しました。大量だからと例の唐辛子をいれすぎた。
この唐辛子は市販のものと辛さが違うから、少なめに入れないと、泣きをみます。
 改めてダシと水と野菜の甘さで調整、やっとおいしいモツ鍋完成!!

060504_1917~0001.jpg


このモツは本当に新鮮でした。時に白モツなんかは信じられないくらいモツならではの甘味がでます。それにだし汁と唐辛子が混ざりあい、モツ鍋の本当のおいしさが広がります。
 最後のシメは当然チャンポン麺ですが、近所では手に入らず、似た中華麺を入れました。都内のモツ鍋屋さんでもチャンポン麺を出すとところは少なく、やはり、中華麺をだすところが多いようです。
 
しかし、ちょっとしたことで全国どこでもおいしいモツ鍋は作れます。
ちょっとしたパーティーや集まり、家庭料理でも挑戦されてはいかがですか?

   匠屋・店長 香月
「モツ鍋」作り!(力はいってます)
 店長は九州人、しかし、モツ鍋ブームは上京した後。自分の料理レパートリーに九州名物は欠かせないので、独学でモツ鍋作りを鍛えました。そして先日、都内の某店でモツ鍋を食べたら、唐辛子がまぶしてあったのだ、これはうまかった。
 今回、自分の中で究極の「モツ鍋」に挑戦!東京でモツを作る際、困るのが、モツ肉です。野菜やダシはなんとでもできますが、モツはやはり西日本が盛んですね。今回は匠屋以外のネットショップでお取寄せ。みつけたショップは近江牛どっとこむさん
近江牛なのにあえて、近江牛のモツ、届きました。
060504_1755~0001.jpg 060504_1756~0001.jpg

 中のお手紙も手書きなど心遣いが多分にあり、ネットショップの勉強になりました。
 さて、モツ鍋を作る前に秘密兵器を紹介します


060504_1822~0002.jpg

これです。
これは、佐賀の祖母が作ったオリジナルの唐辛子で、畑で取れた唐辛子を天日干しし、ミキサーでくだいたものですが、これが辛い!うまい!!市販のいわゆる「鷹の爪」とは違った風味をだします。

 モツ鍋作りは次回へ続きます

  匠屋・店長
スーパーコシヒカリ!
またまた佐渡のものになりますが、こんなものをいただきました。
060503_1927~0001.jpg

 その名も「スーパーコシヒカリ」新潟県知事賞を何度も受賞したり誉れ高いお米で新潟で一番ということは日本で一番かもと思ってしまいますね。佐渡市新穂の相田康明さんという「稲職人」の生産です。
 驚きは、その製法、減農薬ということで完全無農薬ではないのですが(これにもちゃんと理由あるんですね)天日干し、これはお米つくりには重要で、現在は機械乾燥が主ですが、この天日干しの米は違います。
 そして佐渡ならではのウルトラCが「カキ殻用水改良装置」水を送る際、この装置を通して水を送るそうです。虫はつかない栄養たっぷりの水田ですね。
 詳しくは相田家ブログをご覧ください。癒されますよ。
 さて、自分でも早速炊いてみましたよ。
060504_1911~0001.jpg

 少し水が多かったようです。というかおいしいお米って大概、水少な目の方がいいんですね、普通のお米の分量でいくと柔らかめになってしまう、なんでだろ?
 みてのとおり、柔らかめが炊けましたが、もう、白さの純度が違うんですね。口に含むと、でしゃばらないお米の本来の味が広がり、もちもちした食感とあわせて、最高なんですね。そして驚きは、さめてからの味が全然違うんですね。豊穣屋の古代米もそうですが、いい米はさめてからも全然違うんですね。
 こうなると、この米を使って飯盒炊爨や釜戸炊きなどをやってみたい。これにあう水を用意してジャーを使わず、直火焼き、このお米の
「おこげ」なんか最高でしょうね!あと、にがりもいいらしい、同じ佐渡の佐渡海洋物産のにがりをご飯に入れたら相性いいだろうな
 まだまだ、このお米のおいしさをいかせていない店長でした、また、レポートします。

 匠屋・店長
佐渡の塩辛
 先日ご縁があって在京佐渡人による東京おけさ会に参加させていただきました。(自分は佐渡でも新潟出身でもないのですが・・しいていえば、会社は佐渡から生まれました)
060421_2101~0001.jpg

 しかし、佐渡の人は郷土愛と同郷人同士の結束が固い。感心しました。わが佐賀県の県人会はどんなものだろう見てみたくなった。
 さて、その会で両津港直送の物産展をやってました。自分はこういうものに眼がないですねぇ。やはり食べ物は産地で買うのが一番おいしく安い!それができない場合はこういう物産展やアンテナショップがお勧め、今回GETは佐渡の烏賊の塩辛です。でかいのに350円也!
 
060422_2044~0001.jpg

佐渡の烏賊はいかそうめんも有名ですが、当然いける。塩もいい、ちなみに塩は佐渡海洋物産のものがいいですね。新どっちの料理ショーにも紹介されました。自分も気合入れて料理するときはこれです。

そんな佐渡の塩辛、自然な甘味があるのですが、これは烏賊の新鮮すぎる烏賊の甘さでしょう、もちろん辛くもあり、絶妙。
塩辛はなんといってもご飯ですが、今回は日本酒で!
 後ろのぐい飲みはなんと津軽塗り、ご自慢のものです。
匠屋にも津軽塗ありますがやっぱりいいですねえ
 陶器やグラスが違うと味わいが変わるのは古今東西同じでございます。
 以上、佐渡の塩辛のご紹介でした

匠屋
・店長 香月達行
 
 
060423_0044~0001.jpg

copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.