FC2ブログ
一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有機栽培メロンを食す
 匠屋出店中の弘前農園さんは有機栽培を研究され、果物の有機栽培は難しいという農業情勢に対し、積極的に取り組まれています。
 りんごはもちろん、いちご、メロン、米などの有機栽培を実践されています。弘前農園によると

平成17年度は「減農薬」に成功しましたが、「化学肥料を使わず、無農薬の栽培」とは言切れぬ段階でございます。
また、平成18年度は「化学肥料を一切使用せず、土壌改良剤だけを施肥し減農薬での栽培」を試みますので、現段階でも「無農薬」ではない点を誤解なさいませんようお願い申し上げます。

と嘘がない謙虚なリリースをだされています。

さて、そんな有機栽培の土壌でのメロンです。今年、おいしいメロンができあがったそうです。
りんごほど数はないので、少数を匠屋でも販売しようとしたところ、あまりの人気ですぐに売れてしまい匠屋に出すものはなくなってしまったそうです。

 ところが、皆さん、ごめんなさい。弘前農園さんがお試し的に有機栽培メロンを送ってくれました(涙)
 060819_1335~0001.jpg


 これです。世に高級メロンは多いけれど、有機栽培メロンという希少価値を考えると、どれほど素晴らしいものはないです。(しかも産直)
 弘前農園さん、本当にありがとうございます。皆さんの研究と努力の成果がこの果実に詰まっていますね。



CA330010.jpgCA330011.jpg


早速スタッフでいただきました。実は僕はメロンがあまり好きではありませんでした。あんなに高いのに、そこまでうまいかなーと
 ところが、弘前農園さんのこのメロン自然な甘さがさわやかで、珍しくもっと食べたくなり、実際2きれ食べました。
 写真でみてのとおり、見た感じそんなにおいしそうに見えません。その辺の畑でとれたメロンみたいです。なのに、甘い、うまい!
 これは逆にいうと、特殊なことをしてないメロンということですね。

 赤い果肉の高級メロンは非常に甘いのですが、このメロンはそこまでではないのですが、自然に甘く、中心から皮の部分まで甘いんですね。 おそらく有機栽培ということで土壌を肥やす科学肥料を使ってない自然な土壌からくる、果物本来の甘さなんでしょうね。
 果実の汁もベタベタでなくさっぱり、食べた後の食感もサッパリ。
やはり、違いますね。
 皆様も弘前農園のメロンを食べると、メロンの価値観かわるかも・・
僕は変わりました。

 お伝えしたとおり、残念ながら、メロンの通販はありませんが、リンゴは季節でやっていますので、是非、弘前農園の有機栽培味わってみてはいかがでしょうか?


 匠屋・店長 香月


スポンサーサイト
満腹B級グルメを食す(久しぶりです)
 牛肉の安全が話題です。アメリカ産も再開になりました。日本人は他の食品とトレースアビリティはあまり気にしなくても、マスコミが騒いだので牛肉はシビアです。
 さて、今回は良質・安全とは程遠い、おなか一杯牛肉食べ放題の話題。

先日、某居酒屋チェーンでキャンペーンをやっておりまして、こんな内容でした。
 「980円すき焼き食べ放題」
自分の満腹B級グルメ好きがうずいてしまい。食しました。
060816_2113~02.jpg

 内容は牛肉・白菜・椎茸・ネギ・水菜というシンプルなもので、用意された割下にどんどん足していく。
 味は正直悪くなかったですね。3000円くらいで食べ放題すき焼きもあるのでそれくらいでしょうか?この企画はかなりヤケだったのでしょう、それだけに好評だったみたい。
 ところで、私は九州なので、割下を使わない。先に肉を炒めて野菜の煮汁ですき焼きになっていく。でも、これは肉を煮すぎないのかな。
 割下を使った関東風もあまり肉を煮すぎると肉の風味が弱くなってくるのでは?という素朴な疑問・今度すき焼きを勉強してみます。
 
 さて、肉といえば、匠屋にも恐ろしいほどおいしいという肉屋さんが登場。その名も「土屋精肉店」自社牧場から生み出す極上信州黒毛和牛を販売しています。生でも食べられる極上の味。ネットショップでバンバンだしているお肉やも多いのですが、土屋精肉店は満を持して登場!
 まさに匠の技がつまった牛肉です!
ハイ、店長は牛肉が大好きなのでテンションあがっているのです。

3411.jpg


こんなお肉ですき焼き作ったら最高でしょうねぇ。
ちなみに500g6300円です。高いけど安いです。
 考えれば分かる事、競りと流通を繰り返し高級デパートと牧場からほとんどスルーで届く新鮮牛肉。味と値段は比較になりません。
 匠屋初の牛肉直販です。
ちなみに、ここの肉寿司がおいしいらしいです(もちろん生)
あ、土屋さんにおいしいすき焼きのつくり方おしえてもらおうかな。

 匠屋・店長 香月

鹿児島県の名産を食す!
相変わらず、食べてばっかりです。ダイエットはしばし忘れ、食文化のお勉強です(ただ、食べたいだけなんだけどね)
 さて、今回は日比谷鹿児島物産館で鹿児島料理を食しました。
鹿児島は美食の宝庫!ちなみに鹿児島は幅広く、奄美大島も県内なのでいろんな地域があるのだ。
 鹿児島は鎖国時代も藩で鎖国していた訳で、琉球王朝とのつきあいや諸外国との付き合いで独自の文化があるみたい(肥前・長崎もそうですね)また、地元の方に聞いたら、江戸時代以前は帯刀者(侍)が非常に多かったそうな。侍だけでは藩はなりたたないので、百姓兼侍(兵士)が多かったそうですね。道理で薩摩軍は強くイギリスに喧嘩するだけあります。
 さて、そんな薩摩の食べ物・・・
薩摩揚げ・黒豚・きびなご(銀色の小さい魚)そして焼酎
 そして今回お初のものが・・・
060811_1958~0002.jpg060811_1958~0001.jpg


左が冷汁・右があの鶏飯
冷汁は味噌汁にご飯が入ったねこまんま風ですが、胡麻味でキュウリなんかも入っていて上品な味。こんな暑い日は氷ぶっかけた冷汁最高です。
 そして、鶏飯(けいはん)奄美の名物で超美味。ご飯に鶏、卵、椎茸、パパイヤなどをのせ、特殊なだし汁をぶっかけて食べる。
 どこかのお金もちがけいはんを食べるために自家用飛行機で奄美に行った人がいたな。
 これは地域色が強い、最強の郷土料理かも!

 匠屋・店長  香月
究極の試食を食す!(アグリフードEXPOにて)
 先日、東京ビックサイトで行われた「アグリフードEXPO2006」へ行って参りました。
 目的は自分自身の食文化や農業情勢の勉強と匠探しなのです!
060809_1600~0001.jpg

060809_1532~0001.jpg

 この広い会場には全国の優秀な生産者・メーカーがたくさん参加されており、そのどれもがトレースアビリティがキチンと証明でき、産地の特徴や生産者の技術が光る優れたものばかり、大量生産に流されず、自分達の信じる安心・安全なものを供給し続ける・・・まさに匠屋的です。

 そんな会場では沢山の試食が振舞われます。
試食といっても、スーパーの片隅と訳が違いますよ!
どれもこれも美味しい。牛肉・豚肉・アイスクリーム・お茶・ワインetc
 食いしん坊な私かなり食べ歩きました!最高です。

細かく紹介したいのですが、それは難しいので、興味ある方はwebサイトで調べて、参加生産者のことを調べてください。
 とても興味深いですよ。個人的には食文化はいい方向へ行ってると思いますし、やはり日本という国は美味しいものの宝庫だなと思います。
最後にサンプルいただきました植物ゲノムセンターさんの「恋しぐれ」というお米です。
060813_2300~0003.jpg


 次回以降紹介したいと思います。
タフなこぎん刺し
 お約束といえばお約束ですが、名刺入れを洗濯してしまいました!

060801_0952~0001.jpg


ポケットからだすのを忘れていましたね。
 幸い相手の名刺は入っておらず、自分の名刺だけなのは救い・・・。
さらに、自慢の弘前こぎん研究所製のこぎん刺しもグルングルンに洗濯したわけです。これはまずいかもと思いきや。シワはできたもののほつれも色落ちもなくキレイなまんま。さすが手作業のこぎん刺しです。
 作った職人さんには失礼な話ですが、思いがけず、こぎん刺しの耐久性を証明しちゃいました!
 最近、営業が多く大活躍ですが、こぎん刺しの名刺入れのおかげとはいいませんが、いい出会い、いい成果がでています。
 縁起かつぎも大事かもしれません。
身近で頼れる相棒の「名刺入れ」です。

    匠屋・店長 香月
copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。