FC2ブログ
一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
至高のうなぎを食べつくす
訳あって中野のうなぎ名店K(あえて店名はふせます)に行く。中野商店街の庶民的なうなぎ料理店なのだが、知る人ぞ知る名店。漫画「美味しんぼ」80巻に登場する店です。
 061215_0004~0002.jpg


ここでは「ウナギ屋=うな重」とは限りません。ウナギのあらゆる部位を最高の技術で様々な料理にします。内蔵の串や骨をつかった揚げ物、身をつかった短冊など豊富な内容。ちなみにうな丼などは注文が入ってご飯をたくそうで、時間もかかりますが、ものすごいこだわりです。それなのに、値段がすべて安い!
 後にご主人とお話する機会があり、話を聞けました。

突然ですが、「匠のリポート」復活です。まさに匠としかよべないKのご主人。
 ウナギの世界は難しく、修行が厳しく長いことで有名です。串打ち三年、裂き八年、焼き一生と呼ばれる世界で、タレは開店以来延々と足され受け継がれていきます。
 この店の新人さんも3年くらい毎朝3時に仕入れをさばきの修行に出ていたとのこと。
現在はレストランなどでもすぐに調理できたりするところもあるそうですが、やはり日本料理、ウナギの世界ははてしない修行とそれによって得られる確実な技術がある。
 ご主人は板場にいるときはほとんどしゃべらなかったのですが、場所がかわるとよく話をしてくれました。このあたりも久しぶりに匠の方だなあと思いました。
 うなぎ職人としては、今日つくったものに満足できず、明日はもっといいものと考え、日々精進する、そんな繰り返しが現役時代じゅう続くそうです。
 またウナギは生き物、たとえば小麦を使うラーメンやパンと違い、動物を扱う、これは人間同様毎日毎日、一匹一匹違うウナギ、それに対し常に闘いベストな味を提供する職人。お客としては、ただうまいかうまくないかの判断ですが、そのうまいと思わせるための技術、努力はカウンターからは想像つかない、匠による闘いが繰り広げられているようです。

匠屋・店長 香月

スポンサーサイト
今年のゆずこしょう

今年も佐賀の母からゆずこしょうが届きました。
061210_2200~0001.jpg


今年、佐賀は台風被害による塩害をくらったそうです。材料である天然の唐辛子や柚子が
いまいち不作とのこと、それでも昨年あまりにも評判だったので母は調子にのってがんばりました。材料かき集めたそうです。そして届いたのが赤色柚子こしょう。
 早速近しい人に分けるため小さいタッパーに小分けしました。
061210_2200~0002.jpg


市販のゆずこしょうは緑が多いのですが、うちは緑赤両方あります。要は唐辛子が赤唐辛子か青唐辛子かの違いだけなので、基本的には同じものです。
 本年もこの貴重なゆずこしょうを使ってさまざま料理に挑戦したいですね。

匠屋・店長 香月
江戸文化を食べつくす
明けましておめでとうございます。
本年も匠屋ブログ不定期ではございますが、書き足していきますので、引き続き読んで
いただければと思います。

さて、今回は初詣の話ではなく昨年末の浅草酉の市での話。

061128_1131~0001.jpg



自分は九州人、住まいは武州調布、このあたりは本当に東京江戸だなと感じます。
同行したI氏は生まれて50年以上東京の方、粋な事もご存知のようで・・・。
 氏の勧めでまずはどぜう飯田屋さんに。061128_1222~0001.jpg

どじょうはあまり食べたことなくて(しかも自宅で外国のドジョウ飼っていますしね)
 ここで「まる」という定番のドジョウなべをいただきながら昼から熱燗を飲む。061128_1231~0001.jpg


店や町の雰囲気も相まってテンション上がります。いいですねえー。
 このどじょう鍋にはねぎをふりかけるんだけど、どじょうを食べた残り汁に食べ放題のネギを足して煮込んだのも気に入りました。
 また行きたいですね、昼から飲みながら浅草散策。(普段は昼はお酒のみません)

2軒目
お好み焼き染太郎。061128_1312~0002.jpg


ここも有名なお店です。店内には坂口安吾などの文豪や大島渚といった映画監督のサインが多数あり、かなり昔から多くの人が通っていたのでしょう。
 東京=もんじゃ、お好み焼きはあまり食べないのかと思っていました。ところが、これまたうまい。お好み焼きって先に敷く油が勝負だと思うんです。ここは上質ラードを塊でドンとおきます、するとなんとも香ばしい香りのお好み焼きが焼けます。
061128_1351~0001.jpg


 ここでも各種鉄板焼きを飽食。昼から暴飲暴食ですが、実によい経験をさせていただきました。I氏に感謝です。

 匠屋・店長 香月
copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。