FC2ブログ
一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
匠のレポート 2月17日号  [孤月(こげつ)]
象牙ペンダント本日は天然素材を扱ったアクセサリーの製造・販売をしております、勝部恭治さんにお話を伺いました。
「孤月」というブランド名は、他にはない、ひっそりとした存在感という意味があるそうです。
デザインも変わっていて、何をモチーフに作られているのか不思議でした。
伺ってみたところ、「モチーフになっているものというのは決まってあるわけではないけれども、 小さい頃から好きだった魚のその魚の形をしているひれ部分の骨がデザインするにあたって 根底にあるのではないか」とおっしゃっていました。
以前は黒檀で作られていたそうですが、ある時、篆刻(てんこく)をしていた勝部さんの亡くなられたおじいさんから 象牙をもらって象牙の面白さに引かれていって自分でも作り始めたのがきっかけだそうです。
象牙をじかに触ったのが初めてだったのですが、象牙にも網目模様のような細かい柄があり とてもきれいでした。 制作するに当たってのこだわりは、他に2つとない物を作りたいということもあり、全てが手造り。 勝部さんが一人で制作しているので、鎖型に彫られたブレスレットなどの制作時間は およそ30時間かかるそうです。
手造りストラップは象牙やくじらの歯で作られていて皮の紐などがついています。 ハードな感じかと思いきや意外にもハードになりすぎず女性の方でもすんなり付けられて、 どんな洋服にも合わせやすいです。
また金属アレルギーの方でも安心して付けられるのではないでしょうか。
近々匠屋出店予定ですのでチェックしてみて下さい。



勝部さん[孤月]
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤4-28-17 207
FAX 03-3324-5547



Reported by 匠屋スタッフ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。