FC2ブログ
一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
匠のレポート 3月10日号  [株式会社 大多摩ハム小林商会]
大多摩ハム・ソーセージ創業74年、本格的ドイツハムの製造販売の大多摩ハム小林商会の紹介です。
大多摩ハム小林商会さんの歴史は現社長のお爺さんにあたる 小林榮次氏が日本にドイツ式ハムを伝えたアウグスト・ローマイヤ氏と 出会いから始まりました。
 以来、ドイツ式の低添加ハムと昭和47年から始まった無添加ハムの 2種類の作り方を通されています。
これらのハムにはもちろん発色剤、リン酸塩、合成保存料、酸化防止剤、 Ph調整剤などの化学的合成添加物を使用しておりません。 天然の香辛料を調合し、自然の風味で仕上げてあります。
 また、日本のハムの多くには「たんぱくの粉」が入っているそうです。 この主な理由は加水して増量するためといわれており、 肉より安いハムがあるのはそのためです。
スーパーで「無添加」と称して売られているハムやウインナーにも 「たんぱくの粉」が入っている場合が多いそうです。
大多摩ハムさんのハムは加水がなくつなぎも国産天然馬鈴薯をつかうという 徹底的にこだわっています。
 そんな大多摩ハムさんのお勧めは東京都地域特産品認定食品に指定されている 「TOKYO-X」を使ったハムやソーセージです。
TOKYO-Xとは東京都が開発した夢の豚肉です。 バークシャーの細かい筋繊維と北京黒豚の脂肪の旨みとデュロックの霜降りの 2種類の豚を5世代選抜した究極の豚肉です。
 体に優しくおいしい食品を作るまさに「匠の仕事」ですね。


まりもです!
こないだ大多摩ハムさんのベーコンで
きのこベーコンスパゲティー作りましたよ!
いや~うまかった。。
大多摩ハムのベーコンを食べると
普通のベーコンも燻製なのか?って
思わせます。
「TOKYO-X」・・そそられますな~




小林さん
[株式会社 大多摩ハム小林商会]
〒197-8601 東京都福生市福生785
TEL 042-525-2111
URL http://www.otama.co.jp/


Reported by 匠屋スタッフ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。