一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
りんご作りの匠
青森のリンゴジュースのお話

九州出身の自分にとってりんごは珍しいもので、リンゴジュースはいわゆるフツーの大量流通しているジュースが基本だった。
 最近、本場のおいしいリンゴジュースに夢中です。
朝の一杯、飲んだ後の酔い覚まし、なんともいえない、風味とのどごしと味わい。今回はまっているのが弘前農園さんのこだわりジュースです
 IMG_1650.jpg

 こだわりのポイントは濃縮還元を使わない、落下したりんごでない生食用を使う、リンゴ栽培は有機農法に取り組むなど、徹底した最高の栽培環境で行うなどがあるらしい。
 まず、濃縮還元だが、我々が普通に飲んでいる果実ジュースはほとんど濃縮還元だ。大量の果実ジュースを圧縮して出荷するとき戻す。この技術によって季節に関係なく安定供給できるし、海外の豊富な果実を大量に輸入できる。しかし、果実をミキサーで作ったあの味はでない。
よく100%ジュースといいながらいまいちおいしくなく後味がわるいものがあるが、それが「濃縮還元」
 また、普通のリンゴジュースは熟して落ちたリンゴを使うらしい。
逆に生食用リンゴは落下リンゴの10倍くらいのコストらしい。
 どうりで、弘前農園のジュースは圧倒的なうまさなのだ。ものすごく手間がかかったジュースなんですねえ。
 
IMG_1652.jpg


 このジュースきれいな色していますが、よく見ると沈殿物があります。果実の絞りかすで問題はまったくないのですが、これが本物の証なんですね。 
 こんなリンゴジュースお中元なんかにに使われてはいかがでしょうか?いつも大手メーカーのジュースやビール詰め合わせを送っていませんか?これもらったら貰った人びっくりしますよ、「なんだこのジュース!!」
 実際、自分が送ったらそんな反応ありました。

匠屋・店長
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。