一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あこべるのパン
 6月に入り、あこべる女楽片力商事とこれまた匠屋にふさわしい魅力的なお店がオープンしましたが、今回のお話は天然酵母のパン「あこべる」のお話。
 あこべるさんとの出会いは本当に偶然。府中のK’s電気の前でリヤカー販売のあこべるさんを見かけたのです。あこ天然酵母やあこ庵は取材させていただき、知っていたので,興味をもち話しかけ、購入しました。
偶然話しかけた販売のお兄さんが実はあこべるの社長さんでした。
 こんなプライベートにものすごい匠と路上で出会ったのです。

自分の匠やオーガニックな世界の入り口は実は天然酵母パンのお店でアルバイトしたのがきっかけでした。
 そこの店長(師匠)は国産小麦を自分のところで石臼をひき新鮮な小麦をつかい、ぶどうを使ったフランス式の天然酵母制作、妥協なく生き物である天然酵母パンと格闘する日々。昔は納得いかなくて納品せずお客様に誤り倒したという・・・
 アルバイトという立場ながら、天然酵母パンの現状を見ていました。

そしてそれから10数年、あこべるのパンです。あこべるのクロワッサン(わっさん)はそんな僕の価値観を打ち破るものでした。
天然酵母パンをおいしくないという人はいます・「味がマニアック」「すっぱい」など、このクロワッサンはイースト菌パンのように食べやすく、良質バターのかおり等、天然酵母なのに、入り込みやすいのです。
 クロワッサンはブームもあり、クロワッサンマニアな人も多いと思いますが、この天然酵母である「あこべる」のクロワッサンを食べると衝撃をうけると思います。

 話が前後しますが、天然酵母パンって何?という人のために解説します。パンの製法は天然酵母とイースト菌の2種類の製法があるのです。
皆さんが普通に食べているパンはイースト菌、天然酵母と謳っているものは天然酵母。昔は天然酵母しかありませんでした。イメージは昔の外国アニメにでてくる大きくて固いパン。
 イースト菌はヒトラー率いるナチスドイツが生み出したそうです。もちろん、より効率いい食料増産のためです。
それが世界中に広く広まり、特に日本はGHQの指導の元、アメリカ産小麦をつかってもらおうという意図もあり、給食のパンや日常の食生活にも浸透しました。
 ご存知の通り、おいしいし、安い。しかし、本来の小麦を焼き上げたもの以外のイースト菌のにおいってあるのです。(天然酵母を食べればわかります)これを消すためいろんな味付けがありますね。
 話がながくなりましたが、あこべるのパンは天然酵母の素材をいかし、体にいい部分とカジュアルに食する事ができるおいしさが両立されています。
 是非、パン好きな方はのぞいてみてください。

先人パーティでだしたら大好評だったわっさん(クロワッサン)

IMG_1589.jpg


匠屋・店長 香月
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。