一点匠屋主義
日本全国の名店・名匠情報と、インターネットショッピングモール匠屋店長のお勧め情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一点匠屋主義 その3
11月12日 ワイキキ

朝食はもちろん、マリオットにてビュッフェ。今日はシェフがその場で作ってくれるオムレツが珍しくてそれを頼む。シェフは日本語はわからない。自分もどうやって頼めばいいのかわからない。隣の白人の老紳士が、ショーケースに並ぶ食材を指差し、「choose one」これから選ぶんだよ。見たいな事を教えてくれた。身振り手振りで支持し
オニオンとベーコン入りのオムレツを作ってもらう。できたてフカフカで美味なり。
061113_0137~0001.jpg


 あ、朝食の味噌スープは今日も外せませんでした(味噌汁と表記しないところがミソね)

昼 ハレコアホテル
このホテルは軍の施設で素晴らしいビーチをもつ、ネイティブな雰囲気のホテル。
の日本人率は一気に下がる。
 ランチはホテル内売店でいわゆるジャンクフード的なものをいただく。
チーズバーガーにフライドチキンとフルーツ、ああ、実にアメリカだなと実感する。
 これ以外とうまいですよ。日本食恋しいとは今のところ思わない。

閑話休題。
ハワイやアメリカは食事がおいしくないとよく言う。果たしてそうだろうか?
自分は日本人観光客だからいいもの食べているからかもしれないが、自分の中でハワイの食事は悪くない。
 たとえば、このハンバーガーやチキン、そしてサラダ、ポテト、これらはジャンクフードなんて呼ばれるが、日本のそれに比べるとうまいし、断然素材がいいのだ。
 あまりいいたくないが、日本の大手メーカーが作るジャンクフードでひどいものがある。
そして、ポストハーベスト問題がある。日本で食べる穀物の大半はアメリカのポストハーベストを食らって運ばれてくる。しかし、アメリカは自給自足率が高い。チキンもポテトも自然の味がする。そのカロリーや調理方法には?というところもあるし、日本食がおいしく健康にいいのは間違いない(ただし、日本国内で生産された本物の料理限定、日本で日本食といってもたまに怪しいものはある)
 
ハワイはLOHAS の国でもある。気候、町並み、食事は自然だと感じた。
その証拠にあれだけ食い倒れしたのに太らなかった。肉とかなりの繊維質(野菜)を取っているからだろう。
 日本食との違いだけでアメリカの食事はますいと決め付けるのはどうかと思う。

結論として日本は世界最高峰の食事と最低の食事が混在している国なんだと感じた。

ちなみにハワイ(どこもそうらしいが)自販機がなく缶コーヒーがありません。
コーラを飲む人もいるけど、かなりの人がミネラルウォーターを飲んでいるのも驚き。
タバコもほとんどの場所で吸えないのでなんかみんな健康的な雰囲気だったなあ。
 

 

ハレコアホテルにてディナーのバイキングである。まさにアメリカンキングというノリ
の完全バイキング。自分は肉をもっと食べてみたいと思い、ローストビーフ(シェフがその場で切ってくれる)を中心にいただく。
061113_1532~0001.jpg

061113_1558~0001.jpg




 そしてみていただきたいのはこのデザート。女性の方は食べたーいと思うかもしれないけど、これには閉口。よく甘いものは別腹なんてかわいくいうけど、「そんなわけないじゃん、牛じゃあるまいし」と思っている。(気に障った人ごめんなさい)
 ローストビーフのボリュームでこのケーキは食べられないよ。ちなみに写真は食事の前の様子でなくて、食事中、つまりほとんどの人は手を付けないでいたのだ。
 さっきアメリカの食事をほめたけど、これ勿体無いよ。

匠屋店長・香月
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 一点匠屋主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。